ェ!!彼も彼女おフランス!!

フランスの作家ってこんなにいるんですね。っていうぐらいいっぱいいるのでヨウチェキラ!!
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

なしくずしの死〈上〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
反抗と罵りと怒りを爆発させ、人生のあらゆる問いに対して〈ノン!〉を浴びせる、狂憤に満ちた「悪魔の書」。その恐るべきアナーキーな破壊的文体で、二○世紀の最も重要な衝撃作のひとつとなった。待望の文庫化。

内容(「BOOK」データベースより)
『夜の果てへの旅』の爆発的な成功で一躍有名になった作者が四年後の一九三六年に発表した本書は、その斬新さのあまり非難と攻撃によって迎えられた。今日では二十世紀の最も重要な作家の一人として評価されるセリーヌは、自伝的な少年時代を描いた本書で、さらなる文体破壊を極め良俗を侵犯しつつ、弱者を蹂躙する世界の悪に満ちた意志を糾弾する。

ペスト (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
アルジェリアのオラン市で、ある朝、医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。ついで原因不明の熱病者が続出、ペストの発生である。外部と遮断された孤立状態のなかで、必死に「悪」と闘う市民たちの姿を年代記風に淡々と描くことで、人間性を蝕む「不条理」と直面した時に示される人間の諸相や、過ぎ去ったばかりの対ナチス闘争での体験を寓意的に描き込み圧倒的共感を呼んだ長編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
カミュ
1913‐1960。アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、’51年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。’57年ノーベル文学賞受賞。交通事故で死去

宮崎 嶺雄
1908‐1980。東京生れ。東京帝大心理学科中退。岸田国士に師事、バルザック、サンド、メリメ、カミュ等、多くの仏文学を翻訳紹介。’41年、フランス文学賞受賞。戦後創元社編集長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アモス・ダラゴン〈8〉ペガサスの国 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
ようやく地上に戻ったアモスは、“イカロスの民”の少女、アエリグと出会う。ふたりはたちまち恋に落ちるが、彼女にはある秘密があった…。その頃ベリオンには刺客が現れ、ユプスグランのロリアはとんでもないものを見つけてしまう。不穏になってゆく世界で、仲間たちは再び会えるのか?機知と勇気と友情の大冒険ファンタジー!!

内容(「BOOK」データベースより)
ようやく地上に戻ったアモスは、“イカロスの民”の少女、アエリグと出会う。ふたりはたちまち恋に落ちるが、彼女にはある秘密があった…。その頃ベリオンには刺客が現れ、ユプスグランのロリアはとんでもないものを見つけてしまう。不穏になってゆく世界で、仲間たちは再び会えるのか?機知と勇気と友情の大冒険ファンタジー。

メグレ警視の事件簿〈3〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
メグレ警視の、人間味あふれる魅力で人気の高い〈メグレ・シリーズ〉のアンソロジー。メグレ警視が愛用していたパイプを盗んだ青年が、その夜、自宅からスリッパのまま失踪した。「メグレ警視のパイプ」のほか、定年退職後のメグレがまきこまれた事件「メグレの退職旅行」、「マドモアゼル・ベルトとその恋人」の2編を収録。

名づけえぬもの (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
肉体の死のあと暗闇のなかでしゃべり続け、おれはワームに出会った……。どことも知れぬ薄明の中で語り続ける声。自分をときあかそうとする語り手は言葉を重ねるほどに溶け去っていく――《小説についての小説》から《言葉についての言葉》にまで遡りつめた小説三部作の終編。


内容(「BOOK」データベースより)
肉体の死のあと暗闇のなかでしゃべり続け、おれはワームに出会った…。終末の世界へと導かれゆく小説3部作の第3部。

ラムセス再臨―光の石の伝説〈4〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
王家の谷をめぐる絢爛の大河歴史ロマン、ここに完結。感動の最終巻!

失った仲間の思い出を胸に、勇者と王妃は力を合わせ最後の戦いに挑む。ふたつの運命がひとつになった今、エジプトの歴史に新たな光が刻まれる――。感動巨編、ここに完結。



内容(「BOOK」データベースより)
偉大なる村の長を失った“真理の場”に、さらなる悲劇が襲いかかる。“真理の場”が崩壊するとき、エジプトは平安の光を失う―。今、ふたつの運命はひとつとなり、風前の灯火のごとく揺らめいていた。師の志を胸に、孤独な勇者パネブと王妃タウセルトは、闇に潜む敵を誘い出すため、力を合わせて最後の戦いに挑む。果たして、エジプトはその栄光の歴史を永久に刻みつづけることができるのか。クリスチャン・ジャックが全身全霊を打ち込んだ感動巨編、ついに完結。

巫女ウベクヘト―光の石の伝説〈2〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
古代エジプトの運命は、いま巫女の祈りに託された--

ラムセス大王の死により絶大な庇護の力を失った真理の場に、魔の手が次々に襲い来る。混乱の最中、新たな王の墓という使命を抱えた村で、人々の心をひとつにしたのは神に選ばれし巫女であった……。波瀾の第二幕!



内容(「BOOK」データベースより)
ラムセス大王の死により庇護を失った“真理の場”。今こそ秘宝を我がものにせんと、村の未来を担う若き勇者ネフェルとパネブに次々と襲いかかる外部からの魔の手。敵も味方も入り交じり、村人たちは不安と恐怖で混乱を極めていく―。巧みに身を隠した裏切り者に翻弄された彼らの心をひとつにし、神秘の力を得るために立ちあがったのは、神に選ばれし巫女“賢女”ウベクヘトだった!古代エジプトの運命を握った秘儀がついにヴェールを脱ぐ、波瀾の第二幕。

チボー家の人々 (1) (新書)

出版社/著者からの内容紹介
【全巻内容】
1 灰色のノート/2 少年園/3 美しい季節1/4 美しい季節2/5 診察/6 ラ・ソレリーナ/7 父の死/8 一九一四年夏1/9 一九一四年夏2/10 一九一四年夏3/11 一九一四年夏4/12 エピローグ1/13 エピローグ2

ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
フランス・ルネサンス文学を代表する作家フランソワ・ラブレーの傑作大長編、待望の新訳版。この巻では、巨人王ガルガンチュアの誕生・成長と冒険の数々、さらに戦争とその顛末が、笑いと風刺を織り込んだ密度の高い文体によって描き出されてゆく。現代的センスあふれる清新な訳文から、不朽の物語の爆発的な面白さと輝かしい感動が楽しく伝わってくる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラブレー,フランソワ
1483?‐1553。フランスの作家・医師。モンテーニュとともに16世紀フランスを代表する文学者。トゥーレーヌ地方シノンに、弁護士の末子として生まれる。フランチェスコ会修道院に修道士として起居し、哲学・神学を学ぶかたわらギリシャ語を独習。1528年ごろパリに上る。30年秋、モンプリエ大学医学部に登録。32年にリヨン市立病院に勤務、医師・古典学者として第一歩を踏み出す

宮下 志朗
1947年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授(言語情報科学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

さかしま (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
三島由紀夫をして“デカダンスの「聖書」”と言わしめた幻の名作が待望の文庫化。ひとつの部屋に閉じこもり、自らの趣味の小宇宙を築き上げた主人公デ・ゼッサントの数奇な生涯。澁澤龍彦が最も気に入っていた翻訳。

内容(「BOOK」データベースより)
「生産」を至上の価値とする社会に敢然と反旗を翻し、自らの「部屋」に小宇宙を築き上げた主人公デ・ゼッサント。渋沢龍彦が最も愛した翻訳が今甦る。

/ 台東クラブ/ 横浜関内リラクゼーションサロンDIO/ 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」/ GOGO!江戸川区!/ 鶯谷・うぐいすだに/ 日暮里 鶯谷 上野 ニュース/ 幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク/ ハロー!江東区!/ 台東紀行/ 電子たばこ/ 高収入バイト情報/ 千葉の印刷なら千代田印刷/ アキバ中毒のページ/ 墨田区紀行/ 美容外科/ 東京ぶらぶら/
/

ooo台東紀行ooo 新鮮 魚料理を食すooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 渋谷ぶらりooo 千葉の駅集めましたooo もっと知りたい!練馬区ooo 山手線エリア 珈琲~Coffee~ooo パソコン.コレクションooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo 千葉の醤油ooo 和菓子de千葉はんなりooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 新聞を読もう!ooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo 文の京!文京区!ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 千葉とんかつooo ショッピング 検索ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo